マッサージ

2014年9月25日木曜日

☆神輿☆

玉之浦のお祭りは、神輿が町をまわります。

今は、参加者が減って軽トラに乗せて神輿を運ぶ地域もある中、玉之浦のお祭りは2日間頑張ってまわります。

若者が少ない玉之浦なのにね、すごいです。


小さな頃は、太鼓の音が響いてきて、神輿がまわるのを見て、ドキドキワクワクしたものです。

小学1年生から9年間は、巫女さんとして、神輿と一緒に町をまわりました。

それまでは、獅子や天狗に怯えて、お母さんに隠れながら見ていたよ(笑)

この子もきっと、ドキドキワクワクしていたんじゃないかな。 


お祭りは、こどもからお年寄りまで、世代関係なく、みんなが大好きな行事です。

そんなお祭りのクライマックスの見せ場の1つが、神輿を大きく左右にぶらすことなのです。

観客はだいぶ減ったけれど、これを見なきゃ終われない感じの町の人たち。

しかし、今年は神輿の担ぎ手の7割ぐらいが玉之浦の人じゃなかったのです。

諦めて、船に乗せたんだけど、町の人からのコールで戻ってきて、することになったのです。

あついね。

知らない担ぎ手さんにレクチャー中。


よし、やってみよう。


おっと、大丈夫かな?


そう思ったのか、いてもたってもいられず、サポートに入るおじちゃんたち。


みんなで協力して、見事に成功。 


観客のみんなを喜ばせて、船に戻っていきました。


昔は旗持ちのこどもたちもいっぱいで、船に乗る人もいっぱいで、賑やかだったんだけどな。。。

ちょっぴり淋しかったなぁ。


でも、船からは元気な声がいっぱい響いてました。

関係者の皆様、今年も町に元気をありがとうございました。

お疲れ様でした。


0 件のコメント:

コメントを投稿